Collection Mathieu Pacaud (フランス)

価格: ¥29,160 (税込)
[ポイント還元 1,458ポイント~]
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

twitter

こちらの書籍は予約販売です。
入荷予定は11月中旬頃になります。

予約販売の期間は11月10日までを予定しております。
ただ販売日など変更になる可能性もあるため、お支払いは書籍が当店に届くまでお待ちください。

送料は無料で承りますが、他の書籍と同梱してのご注文はできませんのでご注意ください。

--------------------------------------------------------------------------

シェフとしての新たな転換期を迎えたMathieu Pacaud マチュー・パコー。
今著は彼の20年以上のキャリアの中で培ったノウハウが詰まった1冊である。

美食の町パリにおけるガストロノミーの中心といってもいい場所で育ったマチュー・パコー。
15歳から16区のLe Jamin ル・ジャマンでキャリアをスタートさせ、17歳という若さでPlaza Athénée プラザ・アテネでシェフ・ド・パルティのポジションで働いた。

その後フランスを離れ、レバノンの5つのフランス料理店で働いた後に帰国、2003年から父と共にl'Ambroisie ランブロワジーでの勤務をスタート。最も美しい3ツ星と称されるレストラン、L'Ambroisie ランブロワジーで6年を経て父と肩を並べシェフのポジションに就いている。

その後も彼は現状に満足する事なく様々なプロジェクトを開始する。
パリにHexagone エグザゴンとHistoires イストワールという2つのレストランをオープンし、エグザゴンは一ツ星、イストワールは二ツ星を同時に獲得、ミシュランガイドの長い歴史の中でも今まで類がない出来事だそう。

他にも母の故郷であるコルシカ島のDomaine de Murtoli ドメーヌ・ド・ミュルトリのレストラン、La Table de la Ferme ラ・ターブル・ド・ラ・フェルムや、マカオのホテルのL'Ambroisie ランブロワジー、パリのAPICIUS アピシウス、魚介で有名なDivellec ディヴレックなど計5つのレストランで指揮を執っている。

彼のキャリアの集大成とも言える今作は2年の歳月をかけて完成したもので、縦43cm×横35cn×幅9cmの816ページにも及ぶ大判の書籍の中に350点ものルセットが掲載されている。

今をときめくシェフのコンテンポラリーなガストロノミーが詰まった1冊。


Édition: Glénat 社
816ページ
フランス語
2018年刊行
サイズ:縦 43cm×横 35cm×幅 9cm
ISBN: 978-2-3440-2684-7



新規会員登録


会員登録して頂いた方には、500ポイント(=500円相当)をプレゼント。初回の購入よりお使い頂けます。

その他のも特典がございます。詳しくはこちらをご覧ください。

店長紹介


フランスの星付きレストランでの勤務経験のある店長が、一度読んでみたい!と思った本ばかり揃えております。

新メニュー開発の参考だけでなく、見ているだけでも楽しい美しい料理の数々、ぜひ掲載している写真だけでもご覧下さい。

また、掲載させて頂いている方達はどの方も尊敬しているシェフばかりですが、僭越ながら当サイトでは敬称は省かせて頂いております。ご了承ください。

blog

CHEF'S LIBRARYのブログページを開設しました。
伺ったレストランの写真や様々な情報などを掲載していこうと思います。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

月2回ほど新着情報やクーポンをお送り致します。
ぜひご登録下さい!

変更・解除・お知らせはこちら

FACEBOOK

ページトップへ