Entertaining in Grand Style (フランス・パリ) 英語版

価格: ¥12,100 (税込)
[ポイント還元 605ポイント~]
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

twitter

今作は単にレシピブックというものではなく、パリの貴族階級のダイニングや料理についての書籍となっている。
著者は50年以上のキャリアを持つJames Viaene ジェームズ・ヴィエンだ。

戦後の会食、舞踏会、ガラ・ディナー文化が開花した頃にレストランで働き始めた彼。
パリの著名レストランなどで腕を磨いた後、ウィンザー公爵と公爵夫人のお抱え料理人となった。

その後もGeorges Wildenstein ジョルジュ・ウィルデンシュタインやMichel David-Weill ミシェル・ダビット・ワイルといった上流階級の料理人を務め、1970年にはパリにある英国大使館のシェフを務めている。

今著では彼のキャリアを振り返り、貴族階級の人々との逸話やレシピこそあまり多くはないが、クラシックで絢爛な料理を紹介している。

またイギリスに所縁のある人物に多く使えた経験からイギリス料理にも深い見識を持っており、イギリス料理の伝統や多様性を尊重しているジェームズ・ヴィエン。フランス人はイギリスの料理に大きな偏見を持っていたとも語っている。

パリの上流階級の暮らしぶりを感じられる1冊。


édition: Flammarion 社
192ページ
英語
2016年刊行
サイズ:縦 31.5cm×横 24.5cm×幅 2cm
ISBN: 9782080201362


新規会員登録


会員登録して頂いた方には、500ポイント(=500円相当)をプレゼント。初回の購入よりお使い頂けます。

その他のも特典がございます。詳しくはこちらをご覧ください。

店長紹介


フランスの星付きレストランでの勤務経験のある店長が、一度読んでみたい!と思った本ばかり揃えております。

新メニュー開発の参考だけでなく、見ているだけでも楽しい美しい料理の数々、ぜひ掲載している写真だけでもご覧下さい。

また、掲載させて頂いている方達はどの方も尊敬しているシェフばかりですが、僭越ながら当サイトでは敬称は省かせて頂いております。ご了承ください。

blog

CHEF'S LIBRARYのブログページを開設しました。
伺ったレストランの写真や様々な情報などを掲載していこうと思います。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

月2回ほど新着情報やクーポンをお送り致します。
ぜひご登録下さい!

変更・解除・お知らせはこちら

FACEBOOK

ページトップへ