LA PAIN DE LA TERRE A LA TABLE (フランス・パリ)

価格: ¥18,700 (税込)
[ポイント還元 935ポイント~]
数量:
在庫: × 入荷連絡を希望

返品についての詳細はこちら

twitter

パリに来たら必ず訪れるべきブーランジェリー、パリ随一のブーランジェといった評判の他、Gault & Millau ゴー・エ・ミヨーの最優秀ブーランジェ、グルメガイドのPudlo ピュドロによる最優秀ブーランジェに選ばれるなど非常に高い評価を得ているChristophe Vasseur クリストフ・ヴァスール。

今作は彼による初の書籍となっている。

彼はもともとブーランジェだったわけではなく、ファッション業界に長い間従事していた。
しかし幼い頃からパンへの愛があり、33歳というフランスではかなり遅いタイミングでブーランジェとしての道を歩み始めた。

Christophe Vasseur クリストフ・ヴァスールは有名な店での経験などもなく、完全に独学でパンを学んだそう。
35歳で自身の店、Du Pain et des Idées デュ・パン・エ・デジデをオープンさせた。

伝統的な製法とこだわり抜いた素材、そしてほとんどの工程を手作業で行い、時間や手間を惜しまない。この簡単なようで非常に難しいパン作りを妥協せず行うことで現在のような世界に名だたるブーランジェリーとなり得たのではないだろうか。

パリのパラス・ホテルの一つ、Plaza Athénée プラザ・アテネの三ツ星レストランAlain Ducasse au Plaza Athénée アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネのパンもDu Pain et des Idées デュ・パン・エ・デジデのものというのもうなずける。

今著は単にパンのルセットだけが掲載されているわけではなく、麦を育てる農家や製粉業者などDu Pain et des Idées デュ・パン・エ・デジデが存在できているのかという背景が収められている。

店にパティスリーはなく、飲み物やサラダ、サンドイッチすらも置いていない。
彼が何を感じ、どこに神経を集中させているかがこの書籍には記されている。

言語はフランス語だが日本語翻訳もついているので、ぜひじっくりと読み込んでいただきたい。


édition: DU PAIN ET DES IDEES 社
フランス語 日本語訳付き
251ページ
2016年刊行
サイズ:縦 32cm×横 23cm×幅 3cm
ISBN: 9782955742808

新規会員登録


会員登録して頂いた方には、500ポイント(=500円相当)をプレゼント。初回の購入よりお使い頂けます。

その他のも特典がございます。詳しくはこちらをご覧ください。

店長紹介


フランスの星付きレストランでの勤務経験のある店長が、一度読んでみたい!と思った本ばかり揃えております。

新メニュー開発の参考だけでなく、見ているだけでも楽しい美しい料理の数々、ぜひ掲載している写真だけでもご覧下さい。

また、掲載させて頂いている方達はどの方も尊敬しているシェフばかりですが、僭越ながら当サイトでは敬称は省かせて頂いております。ご了承ください。

blog

CHEF'S LIBRARYのブログページを開設しました。
伺ったレストランの写真や様々な情報などを掲載していこうと思います。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

月2回ほど新着情報やクーポンをお送り致します。
ぜひご登録下さい!

変更・解除・お知らせはこちら

FACEBOOK

ページトップへ