NOUVELLE CUISINE BOURGEOISE PAR URBAIN DUBOIS (フランス)

価格: ¥18,700 (税込)
[ポイント還元 935ポイント~]
数量:
在庫: × 入荷連絡を希望

返品についての詳細はこちら

twitter

こちらのページは古書の販売です。
新品ではありませんのでご注意ください。

基本的に一点物となっており、書籍の状態も様々です。
ご理解、ご了承のうえご注文下さいませ。


---------------------------------------------------------


Auguste Escoffier オーギュスト・エスコフィエやAntonin Carême アントナン・カーレムなどフランス料理史に名を残す偉大な料理人は数多くいるが、Urbain Dubois ユルバン・デュボワも間違いなくそのうちの一人だろう。

王のシェフでありシェフの王と称されるAntonin Carême アントナン・カーレムはフランス料理やフランス菓子の礎を築き一つの完成形を迎えた。

しかし当時はテーブルの上に多くの料理を並べる大皿料理が一般的だったが、それを現代のような一皿ずつに盛り付けるロシア式サービスに変えていったのがカーレムの弟子でもあったUrbain Dubois ユルバン・デュボワだ。

ロスチャイルド家で見習いを終え、パリのCafé Tortoni カフェ・トルトーニやCafé Anglais カフェ・アングレ、Le Rocher de Cancale ル・ロシェ・ド・カンカルなど当時のパリを彩ったレストランで働いた。ロシア皇帝のパリ大使に仕えた時に考案した子牛のオルロフ風は今でもその名が残っている。

今作は1888年に初版が発売されたNouvelle cuisine bourgeoise pour la ville et pour la campagneを再販したもので、出版されたのは1900年ごろ。bourgeoiseとあるように掲載されているのは貴族階級の人々の料理ではなく、上流階級から中間階級まをターゲットとした料理。

テーブルサービス、50種類の各月ごとのコース料理、スープ、ハーブ、肉、魚、テリーヌ、ソース、野菜、菓子、アイス、コンポート、シロップといったテーマに分かれて料理が掲載されている。

フランス料理史の移り目ともいえる時代の料理を知ることができる1冊。


édition: BERNADIN BECHET社
751ページ
フランス語
刊行1900年頃
サイズ:縦 18cm×横 11.5cm×幅 6.5cm
ISBN: 不明

新規会員登録


会員登録して頂いた方には、500ポイント(=500円相当)をプレゼント。初回の購入よりお使い頂けます。

その他のも特典がございます。詳しくはこちらをご覧ください。

店長紹介


フランスの星付きレストランでの勤務経験のある店長が、一度読んでみたい!と思った本ばかり揃えております。

新メニュー開発の参考だけでなく、見ているだけでも楽しい美しい料理の数々、ぜひ掲載している写真だけでもご覧下さい。

また、掲載させて頂いている方達はどの方も尊敬しているシェフばかりですが、僭越ながら当サイトでは敬称は省かせて頂いております。ご了承ください。

blog

CHEF'S LIBRARYのブログページを開設しました。
伺ったレストランの写真や様々な情報などを掲載していこうと思います。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

月2回ほど新着情報やクーポンをお送り致します。
ぜひご登録下さい!

変更・解除・お知らせはこちら

FACEBOOK

ページトップへ