淀屋橋 Grand rocher グラン・ロシェ

淀屋橋 Grand rocher グラン・ロシェ

淀屋橋にあるフランス料理、グラン・ロシェ様にお邪魔してきました!
お伺いしたのは大分前ですが、ブログに掲載するのが遅くなってしまいました・・。







アミューズは甘エビとホタテのタルタル、アボカド
〆鯖と小松菜のソース、ラディッシュ
オマール海老と手長海老のビスク

魚介の旨味、甘み、香りが立ったアミューズ達。
どこか懐かしくもしっかりとフランス料理になっています。






前菜はサーブ直前に燻煙を閉じ込めて瞬間燻製にしたイクラ、中にはノルウェーサーモン、カリフラワーのムースとセロリブランマンジェが入っています。

蓋を開けた瞬間に香りが広がり、イクラにも薫香がほんのりと移っています。クリーミーなムースやサーモンにイクラの食感と磯の風味がよく合います。

シャドークイーンのチップとエスプーマ、角切りにしたものとレモンでマリネした水蛸。

紫色の艶やかなな見た目とは裏腹にレモンが効いたさっぱりとした一皿でした。チップのパリパリとエスプーマのフワフワ感のコントラストも小気味よい。




どんぐりを食べた豚、イチジクのピューレ、ペドロヒメネスとバルサミコのソース、スパイスの香りのアイスとパウダー。

豚肉の脂身やソース、ピューレの甘みの後にスパイスのパンチがある面白い一皿。パウダーやアイスといったデクリネゾンのようなスタイルです。




ホタテのベニエ 炭の衣根セロリとバニラとリンゴ。
真っ黒な衣の中には大きなホタテが入っており、下のほんのりと甘い香りのピューレがソースの代わりになります。





魚料理は鱈のヴァプールチリメンキャベツとノワイー・プラのソースチリメンキャベツのピューレ。
ヴァプールでふっくらと火の入った鱈にノワイー・プラのソースは鉄板の相性ですね。香ばしく焼きあげた白子もとろける美味しさです。




羊のロースト ジュのソースと菊芋のピューレ
フランス料理の王道とも呼ぶべき羊のロースト。ソースも奇をてらったものではないのですが、シンプルに美味しい!
まず羊の火入れが素晴らしい、羊ってこんなに柔らかく仕上がるのかと思うほど。
ごまかしの効かない料理が美味しいというのはやはり凄い。




いちごのムース
華やかな見た目のデザート。凍ったフルーツとムースをホワイトチョコレートが包んでいます。やはりホワイトチョコレートはフルーツとよく合いますね。クランブルの食感も良いアクセントです。





カヌレ アールグレイのマドレーヌ アプリコットのパート・ド・フリュイ





カトラリーはクリストフル、皿はエルメスと非常に高級感がありながらもゲストを楽しませようとするサービス、清潔なキッチンと安定したオペレーションで料理もテンポ良く運ばれてきます。

新たにシェフに就任した稗田シェフと決め細やかなレストランのチーム、これからも非常に期待できるレストランです。ぜひ皆様も一度行ってみてください!

Grand rocher グラン・ロシェ
〒541-0044
大阪府大阪市中央区伏見町4丁目3−9
Tel : 06-6228-0588

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270102/27097439/


Grand rocherカテゴリの最新記事