ベルギーがボキューズ・ドールのヨーロッパ決勝を辞退

ベルギーがボキューズ・ドールのヨーロッパ決勝を辞退

世界中のあらゆる分野で影響を与えているcovid-19。
飲食店の直接的な営業だけでなく、コンクールなどにもその余波が広がっています。



二ツ星レストランThe Jane ザ・ジェーンのシェフであるNick Bril ニック・ブリルがコーチを務め、日々研鑽を積んでいたチームですが、covid-19の対策や健康問題を考えた結果コンクールの出場を取りやめたとのことです。


2年ごとに世界中からその国の最も有望なシェフが出場し、腕を競いあうBocuse d'or ボキューズ・ドール。


次回は2021年1月にリヨンで決勝が行われますが、ヨーロッパの決勝は2020年10月にエストニアで行われる予定です。


ベルギーチームは今まで6つのメダル、2019年に行われたボキューズ・ドールでも決勝に参加し8位を獲得していたことを考えると今回の判断は苦渋の決断だったのではないでしょうか。


それでも優秀な料理人やスタッフを少しでも危険から遠ざけるという判断は素晴らしいと思います。また次の機会にぜひとも頑張ってもらいたいですね。

この投稿をInstagramで見る

Bocuse d’Or Belgium(@bocuseorbelgium)がシェアした投稿 -




日本人としてもちろん日本のチームも応援しているので頑張ってもらいたいですね!


国内外のニュースカテゴリの最新記事