パリで活躍する日本人シェフ、関根拓氏が急逝

パリで活躍する日本人シェフ、関根拓氏が急逝

恐らくすでにご存じの方も多いと思いますが、パリで活躍していた関根拓氏が亡くなられました。


この投稿をInstagramで見る

GOETHE[ゲーテ](@goethe_magazine)がシェアした投稿 -


かつてフランス料理界の巨匠Alain Ducasse アラン・デュカス氏の元で腕を磨き、2014年に自身のレストランDersou デルスをオープン。


この投稿をInstagramで見る

Dersou(@dersouparis)がシェアした投稿 -

料理とカクテルの合わせるペアリングという新しいスタイルで話題を呼び、その独創的でクオリティの高い料理はたちまちDersou デルスを人気店のポジションまで押し上げました。


2016年にはグルメガイド、Foodingの最優秀レストランに選ばれ、2019年にオープンしたCheval d'Or シュヴァル・ドールもFooding of Honor 2020を受賞しています。


ニュースによるとSNSによる中傷を受け自殺したとのこと。
才能と情熱に溢れたシェフが亡くなられたということで料理業界だけでなく多くの人が衝撃を受けています。


何が真実で何が正しいのか誰にも分かりませんが、私自身もただただ悲しいです。<br>
心よりご冥福をお祈りします。


国内外のニュースカテゴリの最新記事