パリのスフレの名手、ジェラール・イドゥー氏が逝去

パリのスフレの名手、ジェラール・イドゥー氏が逝去

美食の街として知られるパリでスフレを食べるならここと勧める人が多いと言われるレストラン、Le Récamier ル・レカミエ。


このレストランのオーナーシェフであるGérard Idoux ジェラール・イドゥー氏が亡くなられたそうです。


この投稿をInstagramで見る

Paris Deluxe Apartment(@parisdeluxeapartment)がシェアした投稿 -


13歳からキャリアをスタートし、Ledoyen ルドワイヤン、Plaza Athénée プラザ・アテネ、Pétrus ペトリュスといったパリの著名レストランで働いた人物です。


その後もブラッスリー、ナイトクラブ、高級レストランなど様々なジャンルで働き、Le Récamier ル・レカミエをオープンしましたが何よりその人柄が人々を惹きつけました。

また、彼の作るスフレも非常に人気が高く、1日300個近いスフレが出ていたそう。

人情家を意味するHomme de cœurと表現されるGérard Idoux ジェラール・イドゥー氏はレストランを一つの家族、ゲストを友人と考え、その温かな心配りでレストランを切り盛りしていました。


66歳で亡くなられたとのことなので、何かご病気だったのでしょうか。
多くの人々から追悼されているGérard Idoux ジェラール・イドゥー氏。


心から哀悼の意を表します。
今までお疲れ様でした。


この投稿をInstagramで見る

Emery Doligé(@emerydolige)がシェアした投稿 -



国内外のニュースカテゴリの最新記事