ASTRANCE LIVRE DE CUISINE (フランス・パリ) 絶版

価格: ¥13,500 (税込)
[ポイント還元 675ポイント~]
数量:
在庫: × 入荷連絡を希望

返品についての詳細はこちら

twitter

こちらの書籍は出版された国で既に販売が終了しており、新品での入手は非常に困難になっております。
もし中古でも良いので欲しいという方は下記の問い合わせのフォームからご連絡下さい。

お問い合わせ

こちらで入手可能かどうか、価格はどれくらいになるかをお調べ致します。
どうぞ宜しくお願い致します。

-------------------------------------------------------------------------

パリの16区、エッフェル塔からも遠くない場所にパリ一予約が取りづらいと言われるレストランがある。その名は『ASTRANCE アストランス』 そしてこのレストランでシェフを務めるのがPascal Barbot パスカル・バルボである。

元々パリの3ツ星である『Arpage アルページュ』のAlain Passard アラン・パッサールの元でスー・シェフとして働いていた彼は、27歳という若さでアルページュのメートル・ド・テルである Christophe rohat クリストフ・ロアと共にアストランスを立ち上げる。

その直後から予約が殺到し、席数がそんなに多くない事もあり、いつ予約の電話を入れても満席と言われるほどの人気となった。

彼の料理は素材の良さを引き出した料理である。こう書くとシンプルだが、その徹底ぶりは並大抵ではない。“素材との会話”これが、彼のスタイルではないだろうか。その日仕入れた食材と会話し、その食材が最も輝く調理法、味付けをお客様の要望にあった形で料理へ完成させ、クリストフ・ロア率いるサービス陣が提供する。

このスタイルはアラン・パッサールから、パスカル・バルボへ、そして東京の『Quintessence カンテサンス』の岸田周三へと間違いなく受け継がれている。

話が逸れてしまったが、この本の面白い所は各料理に完成までの経緯やシェフの考え方や哲学が書かれている所だ。シェフであるパスカル・バルボが何処で誰と出会い、何を見聞きし、何を感じ・・・、そして出会った食材と会話し、どのような料理に仕上がったか。読めば読むほど惹き込まれる一冊だ。

【de CAHIER DE PAS-À-PAS】

MILLEFEUILLE DE FOIE GRAS
(フォア・グラのミルフイユ)

DASHI
(出汁の取り方)

CUISSON DU POISSON À LA POÊLE ET À LA VAPEUR
(フライパン、ヴァプールでの魚のキュイソン)

CUISSON DU PIGEON ET COCHON DE LAIT
(鳩、乳飲み豚のキュイソン)

AUBERGINE AU MISO
(茄子の味噌焼き)

CONDIMENT YUZU-PIMENT
(柚子と唐辛子のコンディマン)

BEURRE DE BRIOCHE
(ブリオッシュ・バター)

VACHERIN
(ヴァシュラン)


Photographies: Richard Haughton
Textes: Chihiro Masui
Édition: Chêne 社
352+64ページ
フランス語
2012年11月刊行
サイズ:縦 28cm×横 23cm×幅 4.5cm
ISBN: 978-2-81230-326-5



新規会員登録


会員登録して頂いた方には、500ポイント(=500円相当)をプレゼント。初回の購入よりお使い頂けます。

その他のも特典がございます。詳しくはこちらをご覧ください。

店長紹介


フランスの星付きレストランでの勤務経験のある店長が、一度読んでみたい!と思った本ばかり揃えております。

新メニュー開発の参考だけでなく、見ているだけでも楽しい美しい料理の数々、ぜひ掲載している写真だけでもご覧下さい。

また、掲載させて頂いている方達はどの方も尊敬しているシェフばかりですが、僭越ながら当サイトでは敬称は省かせて頂いております。ご了承ください。

blog

CHEF'S LIBRARYのブログページを開設しました。
伺ったレストランの写真や様々な情報などを掲載していこうと思います。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

月2回ほど新着情報やクーポンをお送り致します。
ぜひご登録下さい!

変更・解除・お知らせはこちら

FACEBOOK

ページトップへ