BEST OF PIERRE SANG BOYER (フランス・パリ)

価格: ¥4,400 (税込)
[ポイント還元 220ポイント~]
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

twitter

毎回有名シェフのスペシャリテを含む約10点の料理を紹介するAlain Ducasse アラン・デュカス・エディション、ベスト・オブ・シリーズ。
今作はPierre Sang Boyer ピエール・サン・ボワイエのものになっている。

生まれは韓国のソウルだが、7歳の時にフランスに養子に出されたそう。
フランス語もわからない中で彼を魅了したのはフランス料理だった。

オーヴェルニュ地方の田舎だったが、地元の食材を使った母の料理や祖父との釣りが彼の料理のベースとなっているそうだ。
また、自身のルーツを探るために一度韓国に戻り、韓国を中心としたアジアの味覚も取り入れた。

ビストロなどで働いたのち、ロンドンの星付きレストラン Club Gascon クラブ・ガスコンでPascal Aussignac パスカル・オシニヤックに師事した。

彼の知名度をあげるきっかけとなったのはフランスの人気料理番組TOP CHEF トップ・シェフでファイナリストまで残ったことだ。
その後自身のレストランをパリのOberkampf オベルカンフにオープン、アジアのテイストを取り入れたネオビストロは瞬く間に人気になり、現在は11区にもレストランを展開している。

今作でも彼の料理10点が掲載されているが、キムチやコチュジャンを用いたもの、干し柿を使ったデザートなどやはり他のフランスのシェフとは少しテイストが違っている。それでいてフランスのネオビストロらしさがあるのも面白い。

Pierre Sang Boyer ピエール・サン・ボワイエらしい自由な人柄が現れた1冊。



édition: Alain ducasse edition 社
89ページ
フランス語
2015年刊行
サイズ:縦 25cm×横 19.5cm×幅 1.5cm
ISBN: 978284123913


新規会員登録


会員登録して頂いた方には、500ポイント(=500円相当)をプレゼント。初回の購入よりお使い頂けます。

その他のも特典がございます。詳しくはこちらをご覧ください。

店長紹介


フランスの星付きレストランでの勤務経験のある店長が、一度読んでみたい!と思った本ばかり揃えております。

新メニュー開発の参考だけでなく、見ているだけでも楽しい美しい料理の数々、ぜひ掲載している写真だけでもご覧下さい。

また、掲載させて頂いている方達はどの方も尊敬しているシェフばかりですが、僭越ながら当サイトでは敬称は省かせて頂いております。ご了承ください。

blog

CHEF'S LIBRARYのブログページを開設しました。
伺ったレストランの写真や様々な情報などを掲載していこうと思います。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

月2回ほど新着情報やクーポンをお送り致します。
ぜひご登録下さい!

変更・解除・お知らせはこちら

FACEBOOK

ページトップへ